求人情報「Q-JiN」〜アルバイト・転職・就職・新卒・パート〜仕事情報サイト

職業辞典  » IT・ソフトウェア関連の職業  » 情報処理技術者

情報処理技術者


 情報処理技術者は、専門分野に分かれて、特別注文のコンピュータシステムや、ホームページ、ゲームソフトなどを制作します。いずれの場合も、仕事の第1歩は企画立案で、システムアナリストと呼ばれる技術者が担当するのが一般的です。

 経理や在庫管理などの専門知識と、ソフト作りの専門知識をもとに、ソフトを発注した企業の担当者とミーティングを重ねて、企画の方向性をさぐります。

 次に、プロジェクトマネージャと呼ばれる技術者が、システムアナリストの指示にしたがって、説明資料を作り、発注企業に対して企画説明をします。

 その後、会議を重ねて、具体的なソフトの方向性が決まると、システムエンジニアの出番です。ソフトを使う際のあらゆる場面を考えながら、発注企業側から、また、仲間のスタッフからさまざまな意見を聞いて、ソフト設計書を作ります。設計書が出来たら、プログラムを組みます。

 プログラムは、システムエンジニアが組む場合や、専門のプログラマーが組む場合などがありますが、いずれの場合も、パートごとに分担して、チームで制作にあたります。

 プログラムの制作中も、プロジェクトマネージャは、企画の方向からそれていなか、プログラムにミスがないかなどをチェックし、個人情報の管理にも厳重に注意します。何ヶ月も、規模が大きいものだと何年もかかります。使いやすくて、ミスのないプログラムを目標に、情報処理技術者はエネルギーを集中しつづけます。

情報処理技術者の求人広告掲載をご検討の企業様へ

求人広告の掲載が無料。応募があった時点でコースをご検討いただく成功報酬体系の求人広告サイトです。

06月16日現在、219,063人の求職者、28,000社の企業様にご利用いただいております!

その他のIT・ソフトウェア関連の職業一覧

 情報処理技術者は、専門分野に分かれて、特別注文の・・・

 コンピュータシステムでは、大量の情報を迅速かつ正・・・


 コンピュータシステムでは、大量の情報を迅速かつ正・・・

 会社などで使われているコンピュータシステムが、い・・・


履歴書の書き方

人事担当者の方を、面接する気にさせる履歴書の書き方をもれなくプレゼント!

履歴書の書き方を全員にプレゼント!