求人情報「Q-JiN」〜アルバイト・転職・就職・新卒・パート〜仕事情報サイト

求人広告・求人募集掲載(無料)について » 求人広告掲載企業様向けメールマガジンバックナンバー一覧へ戻る

メールマガジンバックナンバー
                                   2003年9月22日 第37号
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 求人情報サービス「Q−JiN」メールマガジン
                  http://www.Q-JiN.ne.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 部屋を改装する為に、置いてある本や物をざっくり処分しようと
思っています、でもついつい、「売りに行く前に最後に読んでおこ
うかな」と思ってしまい、作業が一向に捗りません。
 秋の夜長とはいえ時間には限りがあるので、キッチリ予定通り進
めたいと思います。でも本を目の前にするとその決心が・・・。

                       編集担当:児島
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■   雇用形態に 『新卒』追加
--------------------------------------------------------
 大学3年生の就職活動がそろそろ開始しております。更に9月から
はより一層本格的に新卒学生が行動を起します。そこで、更なる応
募者数UPに向けてQ-JiNでは、雇用形態に『新卒』項目を追加い
たしました!         """"""""""""""""""""""""""

 新卒採用を検討されておられます企業様は、御社専用ページの
「求人情報管理」項目の「内容変更」から変更をお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■   年俸制
--------------------------------------------------------
               連載担当:株式会社 関總研  赤井

 先日、夜10時頃電車に乗っていると、塾の帰りらしき小学校た
ちが数人乗ってきました。ご多分に漏れず、何と騒がしいことか。
あまりの騒がしさに、少々神経質になってしまいました。

 ここで心の赴くままに注意をしてしまえば、『躾』ではなく、
『叱り』になってしまうのではないだろうか?と悩んでおりました
が、そのうちに彼らが喧嘩を始めたのでおもわず、“こらっ〜”と
大声で叫んでしまいました。すると当然のことながら、車内が一瞬
にして静まり返ってしまいました。

 もっと早くに注意をしてあげていれば、大声を出さずに済んだの
かも知れないなぁ、と反省を致しました。まだまだ未熟な自分を鍛
えなければならない今日この頃です。

今回は、『年俸制』に関するご質問にお答え致します。

A.私は3年前に先代である父より会社を引継いでおります。当時、
その会社を引継ぐにあたり、先代が行ってきた社内制度をそのまま
引継いで現在までやってきました。しかしながら、賃金が年々上昇
する現行制度は、折からの規制緩和とあいまって経営を圧迫する大
きな要因となっています。知人の会社では、年俸制を導入し、人材
の活性化を図っているようです。実際に年俸制を導入する方法や注
意点などがあれば教えてください。

Q.最近、大企業のように年俸制や成果主義的な考え方を取り入れた
賃金制度を導入したいという中小企業が年々増えています。
 というのも、ご存知のように年功序列の賃金制度は、会社の業績、
個人の能力に関係なく、勤続年数などで賃金が年々上昇する制度で
あるため、退職金制度と共に会社の経営環境を悪化させる原因の一
つとなっているからです。

 また、その反面で、従業員の多くは、給与が年々昇給することに
ついて当然のことのように考えています。この意識のギャップが賃
金に関する新制度導入の反対勢力の一つにもなっているのです。

 年俸制は、一般的に難しい概念のように考えられているようです
が、実はそう難しくはありません。現在の給料形態を『年俸制』に
対して、『月俸制』と言いかえれば、多少、抵抗感が和らげるので
はないでしょうか。つまり、給料を月ベースで考えるか、年ベース
で考えるかの違いだけなのです。

 年俸制導入で問題になってくるのは、年俸額のうち、業績と評価
部分の割合をどうするかということです。比較的導入しやすい方法
は、前年の年収のうち賞与に該当する部分を業績給等に充て、基本
給と家族手当などの諸手当に該当する部分は新基本給として支給す
る方法です。この方法だと従業員にとっては月々の給与額は変わら
ないので、新制度に対する抵抗感を和らげることができます。

 このように新制度を導入時は、従前の基本給を補償し、次年度以
降は、業績部分の比率を高めていくようにして下さい。

 以上、簡単ではありますが年俸制について述べましたが、これは
単なる一例であり、他にもたくさんの方法があります。肝心なこと
は、流行っているから新しい制度を導入するのではなく、いかに、
自社の社風にあった制度を取り入れるかがカギになります。

 真剣に新制度導入を検討されるのであれば、人事部等だけにまか
せないで下さい。なぜなら、トップが責任を持って動かなければ、
従業員から見て新制度導入は、単なるリストラ策にしか映らないか
らです。

 トップが率先して新制度導入の趣旨を十分説明し、納得してもら
えるまで話し続けて下さい。それが、成功への一番の近道です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■   写真加工無料キャンペーン!!
--------------------------------------------------------
 Q-JiNでは企業様に求人情報に写真を掲載することをお勧め
しております。
 求職者はどういった環境・雰囲気で働くかということを重要視し
ます。実際、写真を掲載されている求人情報は、そうでない求人情
報の2倍のアクセス数を誇っています。

 ただ、求人情報に写真を掲載したいが、「デジカメがない」「よ
り美しく表現したいのだが・・・」等の理由で写真掲載を躊躇され
ている企業様に朗報です。

========================================================
 写真加工無料キャンペーン 〜美しく・魅力ある求人情報に〜
========================================================

 生写真、デジタルカメラで撮ったデータをメールまたは郵送で送
付していただければ、無料で美しく、魅力ある写真に加工・掲載を
させていただきます。
 この機会に求職者が御社で働く姿をイメージできる写真をお待ち
しております。

送付先
 ・メール
  info@q-jin.ne.jp

 ・郵送
  〒550-0014
   大阪市西区北堀江1-6-11


 株式会社アンティーク 「Q-JiN写真無料加工キャンペーン」係

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行 :株式会社アンティーク
所在地:〒550-0014
大阪市西区北堀江1-6-11

TEL:050-3786-1332(AM09:00-PM06:00)
FAX:050-3737-8133
URL:http://www.Q-JiN.ne.jp/
E-MAIL:info@Q-JiN.ne.jp
編集担当:児島章浩・上田康之
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

求人広告・求人募集掲載(無料)について » 求人広告掲載企業様向けメールマガジンバックナンバー一覧へ戻る